BOSS JB-2

ちょっとマニアックな話です。
 
週末のライブに向け音作り中。今回の足元は写真の通り。
 
先月にBOSSのAngry Driver JB-2を導入しました。
 
BOSSがアメリカのJHSとコラボして、JHS Angry ChalieとBOSS BD-2を一つにしたという逸品。大阪ではなかなかお目にかかれず試奏もできなかったのですが、先月東京に行った時に見つけて試奏。JHS Angry Chalieの歪みの質感が、今までのBOSSとは違ってザクッとした感じでサスティーンもあり、カッコエエ音。一発で気に入りました。
 
BOSS BD-2の歪みも適度にタッチを拾ってくれる感じがすごく好みでエエ感じ。この2つのモードをリモートで切り替えたり、シリーズやパラレルで繋げるなど、音作りのバリエーションが豊富なのも魅力。BOSS MS-3のループに入れコントロールできるので思い切って購入しました。
 
試奏の時は、JHSのAngry Chalieも弾き比べましたが、歪の質感は似ていても、出音の輪郭やトーンは別のもので、JB-2のJHSモードの方が明るくてクリアな印象でした。店員さんに聞いてみると、BOSSのバッファーとかの影響もある、とのこと。
 
歪みペダルの使い分けは、アンプ持ち込みでMesa/Boogieのドライブチャンネルを使う時は真ん中のSD-1だけ使用。それ以外の時はJB-2をメインにして音を作っています。一番右のボリュームペダルはアンプのセンドリターンに繋いだG-Majorのボリュームコントロール用です。
 
先日のリハで初めてバンドで使いましたが、ドライブ感もガッツもクリア感もあり、気持ち良く使えそうな印象。もう少し追い込んでみます。
 
しかし、ペダルのBOSS率高し。ここしばらくはアンチBOSSなくらいBOSSから遠ざかってたのに…。何か不思議な感じです。

d0158500_00560581.jpg

[PR]
by katekin-g | 2018-02-21 00:57 | 日記 | Comments(0)